あなたは<生命誕生の物語>を目の当たりにする――。【海獣の子供】

えすえいち
【海獣の子供】とは…こんなアニメです!
※トラブルで夏休み早々部活禁止になってしまう中学生の琉花は
※水族館で海洋生物と会話できる海と出会う。
※これは琉花が触れた 生命いのちの物語。

記事の信頼性は?
この記事は、1日1クールアニメを見ているアニメオタクが執筆しています。
現在アニメを350本完走しアニメ記事を250本書いるアニメバカが執筆しております。


ジャンルとあらすじ

『BLACK LAGOON』とは?

海獣の子供』(かいじゅうのこども)は、五十嵐大介による日本の漫画。

ハンドボール部に所属する中学生”琉花”は、トラブルで夏休み早々部活禁止になってしまう。やさぐれた彼女は、幼少期に大好きだった水族館へ行き海洋生物と会話ができる”海”と出会う。

■ ジャンル…冒険 / ファンタジー
■ 年代…2019年6月7日

■ 話数…111分

■ 原作…五十嵐大介
■ 制作 / 監督…STUDIO 4℃ / 渡辺歩
■ 公式…海獣の子供

海獣の子供 – Wikipedia

~INTRODUCTION~

あなたは<生命誕生の物語>を目の当たりにする――。

自分の気持ちを言葉にするのが苦手な中学生の琉花は、夏休み初日に部活でチームメイトと問題を起こしてしまう。母親と距離を置いていた彼女は、長い夏の間、学校でも家でも自らの居場所を失うことに。そんな琉花が、父が働いている水族館へと足を運び、両親との思い出の詰まった大水槽に佇んでいた時、目の前で魚たちと一緒に泳ぐ不思議な少年“海”とその兄“空”と出会う。

琉花の父は言った――「彼等は、ジュゴンに育てられたんだ。」

明るく純真無垢な“海”と何もかも見透かしたような怖さを秘めた“空”。琉花は彼らに導かれるように、それまで見たことのなかった不思議な世界に触れていく。三人の出会いをきっかけに、地球上では様々な現象が起こり始める。夜空から光り輝く彗星が海へと堕ちた後、海のすべての生き物たちが日本へ移動を始めた。そして、巨大なザトウクジラまでもが現れ、“ソング”とともに海の生き物たちに「祭りの<本番>が近い」ことを伝え始める。

これは、琉花が触れた 生命いのちの物語。

えすえいち
先生!『海獣の子供』とはどんなアニメなんです?
みゃんこ先生
中学生の琉花が夏休みに起こった不思議な出来事を体験する話じゃな

キャラクター紹介


安海琉花 / 声 – 芦田愛菜

主人公。自分の気持ちを上手く言葉にして他人と接することが苦手な中学生。運動神経が高く、ハンドボール部に所属している。トラブルで部活禁止になった夏休みに海と空に出会い、事件へと巻き込まれていく。

TVアニメ「海獣の子供」公式サイト

海 声 – 石橋陽彩

琉花が夜の東京湾で出会った不思議な少年。泳ぎがとてもうまく、魚たちと交感する能力の持ち主。兄の空ほどではないが乾燥に弱く、水中の方が活発に活動できる。

TVアニメ「海獣の子供」公式サイト

空 声 – 浦上晟周

海の双子の「兄」。海とは異なる白い肌を持ち、乾燥に極端に弱く陸にずっといるのが苦手。海を守るべくジムとアングラードに自らの身体を調べるように依頼する。

TVアニメ「海獣の子供」公式サイト


オススメどころは?

・人物や海にいる生き物たちの動きや表現がとても細かくてリアル。
・海や波、雨などの水の表現がとんでもなくイカれてる(誉め言葉)
・星や空、宇宙など言葉にならないくらい綺麗に表現されている。

個人的な感想 良い所

【海の質感、空の綺麗さ、海洋物の動作、圧倒的な映像美に度肝を抜かれる

「なんじゃこりゃ!!!!????」
序盤のの15分で、映像美に度肝を抜かされます。というか開いた口が塞がらなくなります。まさに( ゚д゚)こんな表情になっていました。

なにこの絵の具で描いたような背景の質感?綺麗!
え?うそ??この水彩画のような背景に3Dを意識したカメラアングルが溶け込んでる!「おぉぉ…」と思わず声を出していました。
非常に挑戦的な演出をしている映像美に次は何をしてくれるのか?とアトラクションを楽しむ子供のようにワクワクして見ていました。

特に最大の見どころはというと、
海や波、雨などの水の表現がイカれています。どんだけ綺麗なの??いやもうこれ実写か?と勘違いしたほど綺麗でした。
映像だけで何度も見られる。これは映像美をとことん追求した作品。「これはすげぇ…わ…」という感想しか出てこなかったです。ほんと映像だけで言葉を失ってました。
なんでこんなにも綺麗なんだ?って頭に?が出まくった映像作品です。
水の表現を3Dで演出したり、2Dの手書きで演出したりとまったく違う質感なのに交互の入れられることで非常にマッチしていました。

もし見ているだけで夏を感じたい。海が見たい。美しい映像作品が見たい、そう思った方にはかなりオススメします。
見ているだけで夏を感じ、早く夏にならないかな…と思う作品でもあります。

個人的な感想 悪い所

【ストーリーが難解

映像(特に海や波、水の表現)に関していえばとてもクオリティがぶっ飛んでいましたが、本編のストーリーに関していえば、意味がよく分からないです。正確に言うと何を伝えたかったのか伝わってこない。
ようは話が意味不明です。いやなんとなくは分かるのですが(ここは深く突っ込むとネタバレになるので深く説明しませんが)考えるな!感じろ!と言われているように感じた作品です。
「本当に伝えたいことは言葉じゃ伝わらない」と本編の中でも言っているのですが、映像のみで今起こっていることを説明してきます。
ここまで不思議なことが起こっているのに説明放棄したら内容が分からないんだけど?となってしまい、結果、わたしも後半で考えるのをやめました。

正確に物語の内容を理解したいと思った方は考察を見て見るといいでしょう。

ようは、どういうこと?なにが言いたいの?ってなってしまった作品。

話をどこに着地させたいのか、起承転結の結の部分が欠けている。
最後の最後に投げっぱなしジャーマンを食らったようにストーリーを投げたように感じた作品でした。
個人的にストーリーに関してだけいえば、う~ん…といった内容です。

あれだけの映像美で物語に引き込ませてもらったのに、肝心のストーリーでスッキリしない。そんな作品でした。

個人的な感想 結論

【賛否両論に分かれるだろうな…と感じた作品

映像に関していえばトップクラスのSTUDIO 4℃。音楽担当もジブリで有名な久石譲さん。主題歌は米津玄師さん。
ただ肝心の内容が最後で…。非常にもったいないと感じた作品でした。ただこれはあくまで私個人の感想です。
内容が理解できれば評価はガラッと変わります。それに映像や曲はとんでもなく凄いですのでこれだけ見る価値があります。

えすえいち
話は難しいですが映像は抜群の作品でした!
みゃんこ先生
映像美は度肝を抜かれたのう

公式『海獣の子供』予告

公式 Twitter


海獣の子供のまとめ

映像美の波に飲み込まれそうになった作品でした。いや飲み込まれました。特にアニメを良く見る人ほど驚くと思います。
非常に水の表現が素晴らしい作品でした。いや、水だけでなく空や星、背景、など絵そのものが凄い作品でした。
凄すぎて笑えると思います。内容をしっかり理解できるなら間違いなく傑作の部類に入る作品だと思います。
夏を感じたい時にオススメしたい作品です。

みなさんの時間が有意義で楽しめるものになってもらえたら幸いです。それではまた別の記事で!

NO IMAGE