ついにカズマにモテ期が!?突然味方や敵に好かれる劇場版【この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説】

えすえいち
【この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説】とは…こんなアニメです!
※時系列としてアニメ2期の後のお話
※温泉旅行から帰宅したカズマたちのもとに突然ゆんゆんがやってくる。
※魔王から紅魔の里を救うためにカズマの子供が欲しいと話すが…?

記事の信頼性は?
この記事は、1日1クールアニメを見ているアニメオタクが執筆しています。
現在アニメを400本完走しアニメ記事を300本書いるアニメバカが執筆しております。

ジャンルとあらすじ

『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』とは?

映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』は、2019年8月30日に公開された日本の長編アニメーション映画作品

暁なつめのライトノベル『この素晴らしい世界に祝福を!』を原作としたテレビアニメシリーズの、劇場版アニメーション映画。

■ジャンル…異世界ファンタジー / コメディ
■ 年代…2019年8月30
■ 時間…90分

■ 原作…暁なつめ
■ 制作 / 監督…J.C.STAFF / 金崎貴臣
■ 公式…この素晴らしい世界に祝福を!

引用元「この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」 – Wikipedia

~INTRODUCTION~
交通事故(!?)によりあっけなく人生の幕を閉じるはずだった
ゲームを愛するひきこもり・佐藤和真(カズマ)は、
ひょんなことから、女神・アクアを道ずれに異世界転生することに。

「RPGゲームのような異世界で、憧れの冒険者生活エンジョイ!めざせ勇者!」

と舞い上がったのも束の間、転生したカズマには厄介なことばかり降りかかる。

トラブルメーカーの駄女神・アクア
中二病をこじらせた魔法使い・めぐみん
妄想ノンストップな女騎士・ダクネスという、
能力だけは高いのにとんでもなく残念な3人とパーティを組むことになったり、
借金で首が回らなくなったり、国家転覆罪の容疑で裁判にかけられたり、
魔王軍の幹部を討伐したり、たまに死んだり……。

そんなある日、駆け込んできた紅魔族の少女・ゆんゆんの爆弾発言にカズマたちは凍りつく。

「私、カズマさんの子供が欲しい!」

事情を聞けば、めぐみんとゆんゆんの生まれ故郷「紅魔の里」が、
滅亡の危機に瀕しているという。
里を救うために旅立ったゆんゆんを追いかけて、紅魔の里へ向かうカズマたちだが――!?

カズマたちパーティを襲う最大の危機!
平凡な冒険者カズマが過ごす、異世界ライフの未来はどっち!?

えすえいち
先生!『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』とはどんなアニメなんです?
みゃんこ先生
めぐみんやゆんゆんの地元・紅魔の里に魔王軍が侵攻してくるお話じゃ。いつものごとくカズマたちパーティが大暴れする物語じゃのう

キャラクター紹介


カズマ 声 – 福島 潤

ゲーム好きで引きこもりだったが、転生して異世界へ。幸運のステータスが非常に高いこと以外には普通の、ごく平凡な冒険者。最近、やっぱり魔王討伐なんて無理なんじゃないかと思い始めている。

引用元「この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」公式サイト

アクア 声 – 雨宮 天

カズマを異世界へ送り込む際に、うっかり道連れにされた女神。元の世界に戻るためには魔王を討伐しなければならない。パーティでは回復魔法を担当。

引用元「この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」公式サイト

めぐみん 声 – 高橋李依

能力が高いといわれる紅魔族の中でも、随一の天才魔法使い。爆発系最上級クラス魔法「爆裂魔法」を得意としている。パーティでは攻撃魔法を担当。

引用元「この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」公式サイト

ダクネス 声 – 茅野愛衣

見た目はクールな美女なのに、やたらモンスターの群れのど真ん中に飛び込みたがる、ちょっと勿体ないところのある女騎士。不器用過ぎて攻撃が当たらないけれど、壁になるのは大得意。パーティでは、防御を担当。

引用元「この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」公式サイト

ゆんゆん 声 – 豊崎愛生

めぐみんをライバル視している、紅魔族の少女。能力は高いのに、常識的な感覚を持っているせいか、変わり者ばかりの紅魔族の中では浮いてしまうのが悩みの種。

引用元「この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」公式サイト


こういうところは注意か…も?

このすばの2期の後のお話です。

そのため、このすばを見たことがない人や2期まで見たことがない方には内容が入りずらいかもしれません。そのため見る際は1期と2期を見てからにしたほうがいいです。

個人的な感想

・このすば1期2期を見た方には間違いなく楽しめる作品。

【この素晴らしい世界に祝福を!】を見てきた方なら間違いなくオススメできる作品です。

というか面白くないわけがない。そんなこのすばならではの要素がふんだんに盛り込まれた劇場作品でした。

ではどんなところがオススメかというと?

・主人公・カズマにモテ期がやってくる!

モテ期といっても誰にモテるのかというと、同じパーティーの爆裂魔法の使い手ことめぐみんにモテる。

そしてそのめぐみんの友達でパーティーの中で一番まともな性格のゆんゆんにモテる。しまいにはその辺の魔物・オークのメスの集団にまでモテる(捕まると性欲を全て吸われるほどの脅威)などなど、ついにモテ期がやってきたカズマのお話です。ただ…相手が人間だけとは限りませんが…

今回のこのすばも非常に笑わせてくれます。相変わらず良いことがあったら必ず裏がある。上げて落とすスタイルのこのすばのギャグに笑わされます。

・紅魔族の少女めぐみんとゆんゆんに関する物語

今回は紅魔族の里に訪れ、魔王軍とドンパチ(いつものギャグ)をしていきます。

紅魔族のめぐみんとゆんゆんの里が魔王軍に襲われているとの手紙を受け取ったカズマたちは急いで里に訪れます。そこで待っていたのは…紅魔族が魔王軍をボコる姿だった。。。「ん??え?いや魔王軍に襲われてるんじゃないの?」「なんで?逆にボコってるの?(笑)」って驚かされるというか笑わされる展開です。相変わらずシリアスと思ったら全力でギャグに直行する作品です。この展開は劇場版でも変わらないため安心して笑えます。

・劇場版ならではの綺麗な作画(エフェクト)

今作は爆裂魔法の使い手・めぐみんにスポットが当たっている作品です。

そのため彼女の放つ魔法がとても綺麗で力が入っています。(TV版でも気合が入っていましたが)一日に一回しか放つことができない全身全霊の爆裂魔法が、劇場版ならではの作画で描かれるためとても美しいです。男の子なら間違いなくテンションが上がる。超破壊力の魔法に「うわ…すご・・・(笑)」となること間違いなしの作画でした。

・総評すると

非常に笑いあり、涙は…ない。笑顔にさせてくれる作品でした。

このすばを2期まで見ていた自分としては非常に楽しませてもらった映画でした。個人的な意見ですがこのすばを2期まで見ている人でこの劇場版・紅伝説を楽しめない。っていう方はいないんじゃないかな?と思えるほど楽しめた作品です。非常に満足のいくこのすば映画でした。見て良かったと思える映画でした。

えすえいち
相変わらず笑わせまくる作品でしたね(笑)このすばと言ったらこの容赦のないギャグ展開です!最高でした。
みゃんこ先生
ほんと笑わせてくれる作品じゃったのう(笑)

公式『この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』PV

公式 Twitter


この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説のまとめ

ギャグが9割シリアスが1割のいつもの【このすば】のノリで描かれた劇場版このすばでした。

非常に笑わされて、少し真面目になって、最後は笑わされる。そんな笑いが詰まった作品でした。このすばを1期2期見た方には是非とも見てもらいたい。そんな作品です。間違いなく楽しめると思います。

また次回別の紹介記事でお会いしましょう!では!

NO IMAGE