いらっしゃいませお客様。此花亭へようこそ【このはな綺譚】

えすえいち
【このはな綺譚】とは…こんなアニメです!
※あの世とこの世の間にある温泉宿・此花亭(このはなてい)
※ここには様々な神様が訪れ、ときには人間も迷い込む
※そんな方々に”おもてなし”をする”仲居さん”たちの物語

記事の信頼性は?
この記事は、1日1クールアニメを見ているアニメオタクが執筆しています。
現在アニメを400本完走しアニメ記事を300本書いるアニメバカが執筆しております。

ジャンルとあらすじ

『このはな綺譚』とは?

このはな綺譚』(このはなきたん)は、天乃咲哉による日本の漫画作品およびアニメ。

『コミック百合姫S』(一迅社)のVol.9にて『此花亭奇譚』(このはなていきたん)として連載開始。『月刊コミックバーズ』(現・月刊バーズ、幻冬舎コミックス)の2015年2月号より『このはな綺譚』と改題のうえで連載が再開された。

八百比丘尼(やおびくに)に拾われ育てられた野狐(狐っ娘)の柚は、社会勉強のために高級温泉旅館・此花亭の仲居となる。柚は個性的な先輩仲居たちと日常を過ごす中で彼女らの優しさに触れ、また此花亭を訪れる様々な神様が織りなす摩訶不思議なできごとを体験していく。

■ジャンル…異世界 / ファンタジー / 百合
■ 年代…2017年10月 – 12月
■ 時間…全12話

■ 原作…天乃咲哉
■ 制作 / 監督…Lerche / 岡本英樹
■ 公式…このはな綺譚

引用元「このはな綺譚」 – Wikipedia

【INTRODUCTION】


神様に遣える狐っ娘たちが働く温泉宿「此花亭このはなてい」。

「このはな綺譚」は此花亭に奉公にきた新人仲居の柚と、

柚を取り巻く仲間たちとの心温まる物語です。

仲居たちの想いはひとつ。

「正体が何者でも、どなたさまでも、お客様は神様です。」

もちろん、いま目の前におられる、あなたも…。

柚たち仲居の“おもてなし” に触れ、疲れた心を癒してください。

えすえいち
先生!『このはな綺譚』とはどんなアニメなんですか?
みゃんこ先生
神様に仕える狐ッ娘たちが温泉宿で神様や人におもてなしをする摩訶不思議な癒し系百合アニメじゃな

登場人物は?キャラクター紹介

柚(ゆず)声 – 大野柚布子

幼い頃、雪の中に埋もれているところを八百比丘尼に拾われて育てられた。社会勉強のために温泉宿“此花亭”に預けられた新人仲居。少しドジだが明るくて前向きな性格。

引用元「このはな綺譚」公式サイト

皐(さつき)声 – 秦佐和子

柚の教育係となる先輩であり相棒の仲居。責任感が強くまじめな性格。今は仲居の仕事をしているが巫女になるのが夢。

引用元「このはな綺譚」公式サイト

棗(なつめ)声 – 諏訪彩花

男物の着物とステテコを着用しているボーイッシュな性格の仲居。一人称は“ボク”。

引用元「このはな綺譚」公式サイト

蓮(れん)声 – 久保田梨沙

お洒落で優等生。モットーは“優雅でいること”だが心の中では罵詈雑言を吐いていることも多い。幼い頃のトラウマで男の人が苦手な一面も。

引用元「このはな綺譚」公式サイト

櫻(さくら)声 – 加隈亜衣

無口だが好奇心旺盛な子狐仲居。妖怪イズナを使役して掃除などの雑務をこなす。

引用元「このはな綺譚」公式サイト

桐(きり)声 – 沼倉愛美

「此花亭」の仲居頭。煙管と酒が大好きで食えない性格でもあるが他の仲居たちを常に気遣っている。

引用元「このはな綺譚」公式サイト

個人的な感想と紹介

とても優しい気持ちになる。少し不思議で癒される温泉宿の物語。

一言でいうと…優しい気持ちになりつつ、癒しを与えてくれるアニメでした。

個人的な意見ですが、けっこう尻上がりなアニメでもあります。だいたい4話からどんどん面白くなってきました。3話までメインの登場人物の自己紹介が多いためと百合展開が強いためあまり物語にのめり込めなかったのですが、4話からお客様(神様や人)の物語が中心となり一気に話の展開が面白くなってきます。後半になるにつれてより面白くなる作品だと思います。

内容を少しだけ解説していきます。

あの世とこの世の間にある温泉宿「此花亭」。ここで働く従業員の狐娘たちが神様やここに迷い込んだ人間におもてなしをする物語。毎回泊りに来る神様や人が違うため、笑えるお話があったり、少し怖い話があったり、心揺れるお話があったりと1話ごとに展開が違うため色々な話を楽しめるアニメです。

現実では起りえない不思議な出来事がたくさんおこり、それらを解決したり、悩みを聞いたり、温泉でリフレッシュしてもらったりすなど、見てる私たちにも癒しを与えてくれる心温まる物語です。というのが【このはな綺譚】の大まかな物語となっています。

恐らくですが、狐が好きな方、和風の絵柄好きな方、かわいいデザインが好きな方、温泉が好きな方、百合系が好きな方、これらが当てはまるなら間違いなく刺さる作品だと思います。好みが多少分かれるかもしれませんが好きな方にはとても刺さる作品です。

えすえいち
後になればなるほど話が面白くなっていった作品でした!

こういうところは注意か…も?

百合系が苦手な方は3話までは大変かも…?

1~3話まではけっこう百合展開が強めです(まぁそういう系列の作品ですので)けっこう裸体が多めの描写や女性同士のスキンシップがあるので苦手な方は苦手かもしれません。(逆に百合系が好きな方にはグッジョブの作品)

どんなところがオススメ?

ほのぼのからコメディまで幅広く扱っている作品。

日常系でほのぼのしていて、コメディのように笑わせて、多少怖い話を入れつつ、心揺さぶるお話もありと、多種多様のお話が展開される幅広い作品です。ただどの話も優しい物語が多いため、見ているだけで非常に癒されます。癒し系の話や優しい話が好きな方には特にオススメします。

物語の舞台があの世とこの世の間なので不思議なお話が多い

此花亭(このはなてい)はあの世とこの世の間にあります。そのため訪れるお客様はみな神様だったり、現世からあの世に逝きそうな魂だったりと多種多様です。

ですのでここに訪れる際の理由がそれぞれ面白いです。どうしてこの温泉宿に訪れたのか?ここで何をしたいのか?そういったお客様におもてなしをする仲居さん達。様々な悩みだったり面白いお話などが聞けるため非常に楽しめます。特に本編の8話[かりそめの訪客]は完成度が非常に高かったです。もし【このはな綺譚】を見る際は注目して見ていただければと思います。

みゃんこ先生
全体的にとても優しい作品じゃったわい。少し気持ちが軽くなる物語じゃのう

【このはな綺譚】PV

アニメ公式 Twitter

このはな綺譚のまとめ

八百比丘尼(やおびくに)に拾われ育てられた野狐(狐っ娘)が社会勉強のために高級温泉旅館・此花亭の仲居となっておもてなしをする【このはな綺譚】をご紹介しました。

個性豊かな仲間や、様々な神様や人間と触れあい、不思議な日常を体験していく物語です。とても優しい物語が多いため見ているだけで気持ちが安らいでいきました。優しい物語が好きな方にはとてもオススメしたい作品です。

それでは今回の記事はここまで。また他の記事でお会いしましょう!ではまた!

おまけ Twitterに投稿したお絵描き(模写練習)

NO IMAGE