人間と言葉を話す二輪車の旅の物語【キノの旅】-the Beautiful World- the Animated Series

えすえいち
キノの旅 【-the Beautiful World- the Animated Series】とは…こんなアニメです!
※それぞれまったく異なった文化や文明を持った都市国家が散在する世界。
※原始的な国家もあれば、近未来的な技術を保有する国家もあるなど様々。
※そんな世界を旅人であるキノと話しができる二輪車エルメスが色々な国を巡る旅の物語。

記事の信頼性は?
この記事は、1日1クールアニメを見ているアニメオタクが執筆しています。
現在アニメを400本完走しアニメ記事を300本書いるアニメバカが執筆しております。

ジャンルとあらすじ

『キノの旅 -the Beautiful World-』とは?

キノの旅 -the Beautiful World-』(キノのたび ザ・ビューティフル・ワールド)は、時雨沢恵一による日本のライトノベル。

イラストは黒星紅白が担当している。電撃文庫(KADOKAWA)より2000年3月から刊行されている。2003年と2017年にテレビアニメ化された。

旅人のキノが相棒でモトラド(モトラート・ドイツ語で二輪車の意味)のエルメスと旅をしながら、様々な国を巡るという短編、1話完結型のファンタジーである。キノとエルメス以外にも、「師匠と相棒」「シズと陸」「フォトとソウ」が主人公となる話があり、他にもこの4者以外が主人公の話も稀にある。

■ジャンル…ファンタジー
■ 年代…2017年10月 – 12月
■ 話数…全12話

■ 原作…時雨沢恵一
■ 制作 / 監督…Lerche / 田口智久
■ 公式…キノの旅 -the Beautiful World-

引用元「キノの旅 -the Beautiful World-」 – Wikipedia

【STORY】


主人公の人間キノと言葉を話す二輪車エルメスは、
世界をあちこち旅している。

世界のあちこちには個性豊かな国があり、
人々は自分たちなりの法や常識をもって暮らしていて、
キノとエルメスはそんな国々を訪れ、基本的に3日間だけ滞在し、
また次の国へと旅立っていくのだ。

そんなキノとエルメスの旅の話は、時に優しく、時に哀しく、
時に滑稽で、時に胸に突き刺さる。そして、珠玉の物語たちは、
一言では言い表せない鮮烈な光景を私たちに見せてくれるのだ。

“美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい”世界を。

この不変的な魅力は多くの人々を惹きつけてやまず、シリーズ累計820万部を記録。
ファンの根強い応援を受け、2017年に再TVアニメ化とコミカライズ2作が始動した。
さらに大きく広がる「キノの旅」ワールドに、ぜひご期待ください。

えすえいち
先生!『キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series』とはどんなアニメなんですか?
みゃんこ先生
旅人であるキノと話ができる二輪車エルメスの旅物語じゃ。色々な国を旅する1話完結型のファンタジーじゃな

登場人物は?キャラクター紹介

キノ 声 – 悠木 碧

目の大きな、整った精悍な顔つきの旅人。エルメスと共に旅をしていて、基本的に1つの国に3日間滞在することをルールにしている。

画像引用元「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series」

エルメス 声 – 斉藤壮馬

モトラド(※二輪車。空を飛ばないものだけを指す)。言葉を話せ、知識も豊富だが、自分で動くことはできない。

画像引用元「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series」

個人的な感想

色々な国の人々の生き方や文化、考え方や生活などを旅を通して覗ける物語。

一言でいうと…旅好きにはたまらない至高の作品だと思いました。

逆に旅はあまり好きではないけど色んな物語が見たい方や、いろんな景色が見たい方にもオススメできる作品。個人的にはとんでもなく心にささった作品でした。

こういう旅系の物語に良い所ってその国々によって人々の考え方がまるっきり違うところが面白いです。「こんな考え方をするのか!?」「えっ!嘘でしょ??」「あ~こういう所なのね…理解したわ」など見てるだけでこういった感情が自然に洩れるアニメでした。

このキノの旅という作品は国によってまるっきり違う主義主張、考え方や生き方をこれでもかというくらい押し出してくる作品です。そのため見てる私たちは、今回はどんな国のどんな人間たちがどんな行動を起こすのか?と、毎回ワクワクしながら楽しめます。しかも1話完結の物語でしっかり起承転結があるストーリーで私たち視聴者を魅了してきます。

ようは滅茶苦茶面白いです。これはかなりオススメしたいというか是非ともオススメしたい作品。(こういう作品と出会えるからアニメは止められないんだよな…(心の声))

同じ人間なのにこうまで考え方が違うのか?と驚きと同時に育った場所や環境、付き合った人、上に立つ人物次第で人はこんなにも善にも悪にも変われるんだ。ということをアニメで教えてくれた作品でした。これは是非ともオススメしたい一品です。

えすえいち
これは非常に楽しめたアニメでした。人にオススメしたい作品ですね!

どんなところがオススメ?

笑わせたり驚かされたり1話ごとにまったく違う物語を見させてくれる1話完結型のファンタジー

毎話、独特の制度や技術、価値観を持つ国家や国民と関わるというストーリーが題材の旅アニメです。

つまり1話ごとに展開というか話がまるっきり違います。笑える話もあれば、驚かされる話もあり、心が痛くなる話もある。1話ごとにいろんな表情を見せてくれる作品です。他作品ですが、イメージするならヴァイオレット・エヴァーガーデンや魔女の旅々などといった旅系の物語を想像していただけると分かりやすいかもしれません。

旅系の作品が好きな方や1話完結型の物語が好きな方には是非ともオススメしたい作品です。

私たち視聴者に諭すような教訓を教えてくれる物語。

必ずと言っていいほどキノの旅はオチをつけてきます。

そのため物語が始まるとタイトルが出るのですが(「~の国」みたいな感じで。)その際に「今回はこんな国にいくのか」「ん~どんな感じの物語になるんだろう?」「どんなオチがつくのか?」などタイトルを見た際に想像を膨らませる楽しみがあります。そして物語の最後を見た際には「あ~、だからこういうタイトルなのね。そういうことか…なるほど。ん~これはなかなか。」など、見た後に考えさせられる物語でもあります。

ある意味、教訓のようなもの教えてくれる作品でもあります。まぁようは話がかなり面白いです。ストーリー重視の方には特にオススメのアニメです。

こういうところは注意か…も?

~しながら見るということがしずらいアニメ

【キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series】は、~しながら見るということが難しいアニメです。

ようは集中して物語を見てしまいます。(いや良ことなんだけど)つまり面白いためアニメに集中してしまうということです。何かしながらアニメを見たい方や、軽めのアニメを見たい方にはあまりオススメできない作品です。

みゃんこ先生
正直あっという間に終わったアニメじゃったのう。シリーズ化してもらいたいと思った作品じゃったわい

【キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series】PV

アニメ公式 Twitter

キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Seriesのまとめ

世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい。キノと言葉を話す二輪車エルメスの旅の物語【キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series】の感想と紹介記事でした。

これほど面白い作品を今まで見ていなかったとは…、ちょっとだけ後悔して、見れて良かったと思えた作品でした。非常に考えさせられる物語ばかりで、毎度どんなオチがつくのか?今回はどんな国の物語なのか?ととてもワクワクしながら見れたアニメです。

一話一話で完結するためとても見やすく毎回しっかり「見た!」っていう感想が出てくる作品でした。あらゆる国の色んな人々の考え方や生き方を旅を通してちょっとだけ覗いてく。そんな物語でした。

それでは今回の記事はここまで。また他の記事でお会いしましょう!ではまた!

おまけ Twitterに投稿したお絵描き(模写練習)

NO IMAGE