【裏世界ピクニック】「検索してはいけないもの」を探しに行こう。

えすえいち
【裏世界ピクニック】とは…こんなアニメです!
※「検索してはいけないもの」を探しにいこう!!
※「くねくね」「八尺様」「きさらぎ駅」
※実話怪談として語られる危険な存在が出現する〈裏世界〉で様々な怪異と遭遇する…

記事の信頼性は?
この記事は、1日1クールアニメを見て、現在までアニメを500本完走し、アニメ記事を400本書いたアニメバカが執筆しています。

ジャンルとあらすじ

『裏世界ピクニック』とは?

裏世界ピクニック』(うらせかいピクニック)は、宮澤伊織による日本の小説。

ハヤカワ文庫JA(早川書房)より2017年2月から刊行。ストルガツキー兄弟の『ストーカー』(原題の邦訳『路傍のピクニック』)を意識した作品で「理解の及ばない異世界でのお宝探索」というコンセプトに、インターネット上で流布される実話怪談をモチーフに組み込んでいる。2021年3月時点で電子版を含めたシリーズ累計発行部数は50万部を突破している

■ジャンル…SF/ホラー/都市伝説
■ 年代…2021年1月 – 3月

■ 話数…全12話
■ 原作…宮澤伊織
■ 制作 / 監督…LIDENFILMS、FelixFilm /佐藤卓哉
■ 公式…裏世界ピクニック

引用元「裏世界ピクニック」 – Wikipedia

【STORY】


「くねくね」「八尺様」「きさらぎ駅」……。

実話怪談として語られる危険な存在が出現する〈裏世界〉
そこは、現実と隣合わせで、謎だらけの世界。

紙越空魚(かみこし そらを)は廃屋内の扉から〈裏世界〉を発見し、

そこで仁科鳥子(にしな とりこ)出会う。


この出会いが空魚の人生を一変させる。

鳥子は空魚に〈裏世界〉の探索の協力を依頼する。

彼女は〈裏世界〉で行方不明になった「冴月」という女性を探していた

探検と研究そしてお金稼ぎのため、空魚は鳥子と行動をともにする。

非日常へ足を踏み入れた二人は様々な怪異と遭遇し、

危険なサバイバルが始まる。

引用元「裏世界ピクニック」公式サイト

みゃんこ先生
ふむふむ。行方不明になった”とある人物”と探検と研究、そしてお金稼ぎのために、怪異が潜む裏世界を探検する物語じゃな。

登場人物の紹介

紙越 空魚(かみこし そらを)声 – 花守ゆみり

廃墟探検好きで偶然〈裏世界〉を見つける。
そこで知り合った鳥子に誘われ〈裏世界〉を探検するようになる。
ネットロアや実話怪談の知識が豊富。
埼玉県の大学に通っているが、友人関係は希薄の様子。

引用元「裏世界ピクニック」公式サイト

仁科 鳥子(にしな とりこ)声 – 茅野愛衣

〈裏世界〉で行方不明になった閏間冴月(うるま さつき)を捜している。
謎の多い女性。銃器の扱いに馴れている。
楽天的/ポジティブな性格ではあるが、
空魚との距離感を計りかねて衝突することもある。

空魚曰く「めちゃめちゃ美人」。

引用元「裏世界ピクニック」公式サイト

小桜(こざくら)声 – 日高里菜

石神井公園近郊に住む〈裏世界〉の研究者。
空魚が「小学生?」と思ったほど幼い外見をしている。
行方不明になった閏間冴月の大学時代の友人。
空魚たちが裏世界探索で手に入れた品物を購入しており、〈裏世界〉の相談相手。

引用元「裏世界ピクニック」公式サイト

瀬戸 茜理(せと あかり)声 – 富田美憂

空魚と同じ大学の一年生。
空手をやっており、空魚から「カラテカ」とあだ名をつけられる。
明るい性格で好奇心旺盛。
ある怪異に遭遇したことで空魚に助けを求める。

引用元「裏世界ピクニック」公式サイト

 


こういうところは注意か…も?

こういうところは注意か…も?注意点

ピクニックという可愛い言葉を使っていますがホラーものです。

実話怪談をモチーフにしているホラー作品です。ホラーが苦手な方は注意が必要です。

ただ突然驚かせたり、怖い…と与える要素は少なく、どちらかというと異世界を探索するファンタジーものといったイメージが強いかもしれません

個人的にはホラー5:ファンタジー5くらいの割合の作品かと思います。


個人的な紹介と感想

ある意味タイトルに騙された…!?タイトルと中身のギャップに驚かされた作品

というのもこの作品【異世界ピクニック】というタイトルです。異世界といえば…異世界もの、もしくは異世界ファンタジーなどを考えます。

そしてピクニックという文字、つまり異世界に行った主人公がピクニックする…つまりお弁当もって異世界を冒険する癒し系の作品かな?と勝手に想像していたのですが、蓋を開けてみれば「ん…?なんか雰囲気が暗いけど…これは…まさか、ホラーじゃねか!っと1話でツッコミを入れていた作品です。

タイトルからしてまさかそう来るとは…。見事に騙されたとても意外性のあるタイトルです。第一印象(タイトル)って大事だな(笑)と思った作品です。


で、肝心の内容はというと…

〈裏世界〉イメージするなら人が生息していない怪異が蔓延っている、あの世とこの世の境目っぽい世界)を舞台に、

ネットロア(都市伝説)や実話怪談が好きな紙越 空魚(かみこし そらを)と〈裏世界〉で行方不明になった人を探している仁科 鳥子(にしな とりこ)による異世界(ホラー的な意味合いの世界)探検物語です。

都市伝説や実話怪談に登場するような様々な怪異が〈裏世界〉では多く出現し、2人の目的を阻んできます。そんな怪異たちを持ち前の知識と機転と能力で切り抜けていきます(能力についてはネタバレになるのでここでは伏せますが)

怪異と相対しながらも〈裏世界〉に目的を持った二人が今日も現実世界から裏世界にピクニックに行く物語です

ファンタジー要素とホラー要素を兼ね備えた異世界を探索する冒険もの。個人的には夏にピッタリの作品かと思います。(ちょくちょくゾワっとするのです)

えすえいち
この世ならざる怪異たちが多く登場する作品でしたね!

個人的な見どころ

「くねくね」や「八尺様」「きさらぎ駅」など実話怪談を元にした理解の及ばない異世界でのお宝探索!

この2人、SAN値がどうかしてる!?人が踏み込んではいけない領域”裏世界”平然と冒険をするメンタルが凄すぎる2人の主人公

霊や妖、怪異といった人ならざるものが生息する裏世界。人知が及ばない世界を自由に出入りする2人は冒険と探索とお宝を持ち帰る!

異世界ものと実話怪談とホラーを合わせた、怖いんだけど怖くない、ホラーだけどホラーじゃない少し奇妙な物語

みゃんこ先生
これだけの怪異にあってもなお〈裏世界〉に挑む2人のメンタルが半端ない作品じゃのう

【裏世界ピクニック】PV


公式Twitter


裏世界ピクニックのまとめ

「検索してはいけないものを」探しに行こう。この世ならざるものが蔓延る異世界を探索するホラー系ファンタジー【裏世界ピクニック】の紹介と感想でした。

まさかこのタイトルでホラーとは(笑)実話怪談や都市伝説を題材とした怪異やエピソードと〈裏世界〉という異世界を探索するファンタジー要素が組み合わさった作品でした。

都市伝説などのホラーが好きな方、異世界を探索する作品が好きな方、日常と非日常が変化する作品が好きな方などにオススメの作品です。

それでは今回の記事はここまで。また他の記事でお会いしましょう!ではまた!

おまけ Twitterに投稿したお絵描き(模写練習)

■各種リンク■

引用元「裏世界ピクニック」公式サイト

引用元「裏世界ピクニック」 – Wikipedia

NO IMAGE