【血界戦線】かつてニューヨークと呼ばれた町で”異界の住人”と戦う”秘密結社”の物語

えすえいち
【血界戦線】とは…こんなアニメです!
※かつてニューヨークと言われた街は、異界と人界とが交差する街に変わり果てた。
※異界ならではの超常日常・超常犯罪が飛び交う「地球上で最も剣呑な緊張地帯」となる
※そんな街の均衡を守るために秘密裏に活動する者たちの活躍を描いた物語

記事の信頼性は?
この記事は、1日1クールアニメを見て、現在までアニメを500本完走し、アニメ記事を400本書いたアニメバカが執筆しています。

ジャンルとあらすじ

『血界戦線』とは?

血界戦線』(けっかいせんせん、Blood Blockade Battlefront)は、内藤泰弘による日本の漫画作品。作者によるコンセプトは「技名を叫んでから殴る漫画」である。

『ジャンプスクエア』(集英社)2008年6月号に読み切り漫画がセンターカラーで掲載。後に2009年2月号から『血界戦線 -魔封街結社-』(けっかいせんせん まふうがいけっしゃ)と改題されて連載を開始し、4月号で終了した。

同年10月に『ジャンプSQ.M』(集英社)vol.002にて再度読み切りが掲載され、『ジャンプSQ.19』(集英社)2010年創刊号から2015年Vol.18まで連載。

『SQ.19』の休刊後は『ジャンプSQ.CROWN』(集英社)に掲載誌を移し、『血界戦線 Back 2 Back』(けっかいせんせん バック・トゥ・バック)のタイトルで2015年SUMMER号から連載中。

同誌休刊後は、後継誌『ジャンプSQ.RISE』に移籍。2021年7月時点でシリーズ累計発行部数は600万部を記録している

■ジャンル…SF伝奇アクション/吸血鬼
■ 年代…2015年4月 – 10月

■ 話数…全12話 + 特別編
■ 原作…内藤泰弘
■ 制作 / ボンズ / 監督/松本理恵
■ 公式…血界戦線

引用元「血界戦線」 – Wikipedia

【STORY】

引用元「血界戦線」公式サイト

みゃんこ先生
ふむふむ。異世界と現実世界が繋がってしまった世界一危険な街で、均衡を保つためにとある組織が活躍する。といった物語じゃな。

登場人物の紹介

レオナルド・ウォッチ 声 – 阪口大助

引用元「血界戦線」公式サイト

クラウス・V・ラインヘルツ 声 – 小山力也

引用元「血界戦線」公式サイト

ザップ・レンフロ 声 – 中井和哉

引用元「血界戦線」公式サイト

チェイン・皇 声 – 小林ゆう

引用元「血界戦線」公式サイト

スティーブン・A・スターフェイズ 声 – 宮本充

引用元「血界戦線」公式サイト

ギルベルト・フランケ・アルトシュタイン 声 – 銀河万丈

引用元「血界戦線」公式サイト

K・K 声 – 折笠愛

引用元「血界戦線」公式サイト


こういうところは注意か…も?

シリアスが好みの方にとっては少し大変かも?

というのも【血界戦線】は隙あらばギャグが盛り込まれます。そのためシリアスな雰囲気が長く続きません

そのため気軽に楽しめるのですが、シリアスな雰囲気が好きな方にとっては少々苦手に思うかもしれない作品です。


個人的な紹介と感想

世界の均衡を保つ為に暗躍する組織の活躍を描いたバトルもの

一言で言うと…ド派手なアクション作品です。異界の存在と日夜戦う「秘密結社ライブラ」の活躍を描いたアクション作品です。

作画やアニメーションは文句なしの出来栄えで(アニメ制作会社ボンズ)非常にド派手に動きます。見ててスカッとします。

そのほかにも頻繁にギャグが挟み込まれます。非常にノリツッコミがしっかりされ、シリアスなシーンでもギャグだけは忘れないスタンスで物語が進むため終始クスっとさせられます。

アクションやバトルものが好きな方や、テンポの良いノリツッコミなどのギャグが見たいかたにはオススメの作品です。


個人的な紹介

かつてはニューヨークだった街が今では多種多様な異界の住人が人間と共存し、地球上最も危険な街に様変わりしてしまった「ヘルサレムズ・ロット」を舞台に、秘密裏に事件を解決する「秘密結社ライブラ」の活躍を描いた作品

そして主人公のレオナルド・ウォッチがなんやかんやで事件に巻き込まれて「秘密結社ライブラ」で働くことになります。(彼にも特殊な能力があるのですがここではネタバレになるので伏せさせていただきます)

異界の住人が毎日様々な事件を起こしていき、その後片づけもしくは事態の収拾を図る「秘密結社ライブラ」

ようは…「ヘルサレムズ・ロット」という町は世界で最も危険な街で、特殊部隊のような「秘密結社ライブラ」が常に事件を解決するといった物語です


総評すると

全体的に飽きさせない作りの作品だと思いました。というのも、異界ならではの常軌を逸した日常を描いた作品のため先を予想しずらく内容的にも飽きさせません。

変わった世界観や異形のものが見たいかたバトルアクションが好きなかたにはもってこいのバトルアニメです

えすえいち
とても激しいバトルものですね!アクションとギャグにとても力が入った作品でした

個人的な見どころ

異界と現世が繋がった!?異界の住人と人間が共存し、常に霧が立ち込めている混沌とした街「ヘルサレムズ・ロット」が舞台

超常現象があたりまえ。ありえない犯罪が毎日のように飛び交う「地球上で最も剣呑な緊張地帯」で色々な偶然が重なり巻き込まれる主人公

ギャグ満載!「秘密結社ライブラ」の構成員たちによるシリアスな展開でも隙あらばギャグを入れてくる。気軽に楽しめるアクション作品

個性豊かな(?)異界の住人達による様々なトラブル(犯罪)を秘密裏に解決する「秘密結社ライブラ」の活躍を描いた物語

「秘密結社ライブラ」のメンバーはみな様々な能力を使い「血界の眷属(ブラッドブリード)」と呼ばれる異界の住人達と日夜戦う

作者によるコンセプトは「技名を叫んでから殴る漫画」とのこと。そのため戦闘シーンは少年漫画を彷彿とさせる迫力がある作品

1話見ただけで作画コストがおかしい。キャラクターデザインからモンスターデザイン果てはアニメーションまで力が入った作画が凄いアニメ

制作会社は【ボンズ】です(鋼の錬金術師、僕のヒーローアカデミア、文豪ストレイドッグスなどを2Dアクション作画がとても強い会社)

OPとEDがとにかくGOOD!両曲ともとても耳に残る聞き心地が良い曲。

BUMP OF CHICKENによるオープニングテーマ「Hello,world!」UNISON SQUARE GARDENによるエンディングテーマ「シュガーソングとビターステップ」

みゃんこ先生
何とも混沌とした街じゃな。命がいくらあっても足りないような街じゃったのう(震)

【血界戦線】PV


公式Twitter


血界戦線のまとめ

かつてニューヨークと呼ばれた町で”異界の住人”と戦う”秘密結社”の物語【血界戦線】の紹介と感想でした。

異界の住人たちと人間たちが共存している街「ヘルサレムズ・ロット」。なんとか共存しつつも超常日常・超常犯罪が飛び交う非常に危険で混沌な街で秘密裏に事件を解決する「秘密結社ライブラ」の活躍を描いた作品でした。

バトルものやギャグもの好きな方にはとてもオススメの作品だと思います

それでは今回の記事はここまで。また他の記事でお会いしましょう!ではまた!

おまけ Twitterに投稿したお絵描き(模写練習)

■各種リンク■

引用元「血界戦線」公式サイト

引用元「血界戦線」 – Wikipedia

NO IMAGE