「何かに挑戦していて上手くいっていない」そんな人にオススメしたいアニメ作品

※3分ですべて読めます

 

「なんでもっと上手にできないんだ」

「もっと、もっと上を目指さないと、、、」

「なんで俺が作ったもんがダメであいつのほうが上なんだよ、、」

こんな悩みを抱えたことはありませんか?

 

何かに挑戦して上手くいって、失敗して、の繰り返しであれば誰しも成長に繋がります。

しかし

失敗して、失敗して、失敗して、を繰り返していると人間は、今やっていることが作業になり、苦痛になり、嫌いになり、やがて辞めてしまいます。

もしあなたが、”今、挑戦していること” ”やり続けていること” がくじけそうになったらこのアニメを見てみてください

自分”らしさ”を見つけることができるかもしれません。

 

今回はそういったあなたにこそオススメするアニメを紹介します。

ばらかもん です

引用元 https://www.vap.co.jp/barakamon/index.html

今回は「何かに挑戦していて上手くいっていない」そんな人にオススメしたいアニメ

を紹介します。


記事の信頼性

この筆記者は、アニメ歴15年 1人暮らしを始めてから親のしがらみから解放されてアニメオタクになった、根っからのアニメ好きが執筆しています



ばらかもん

・タイトルの意味は?

五島列島の方言で”元気者”という意味です

※舞台は長崎県 五島列島です 作者の故郷らしいですね


・ジャンルは?

ハートフル日常島コメディです。

※心温まる、日常系、コメディ

引用元 https://www.vap.co.jp/barakamon/story/index.html


・主人公ってなにもの?

名前は半田 清 通称「先生」 書道界の家元の跡継ぎ。

プライドが高く気難しい性格だがドジっ子。

自称子供嫌いだが面倒見はいいため子供に好かれる。

引用元 https://www.vap.co.jp/barakamon/story/index.html


・どんな物語なの?

主人公の半田は、書道の先生だったが書道界のお偉いさんに目の前で自分の作品を酷評されてしまい、逆上して殴ってしまう。

そのため親父(著名な書道家)に「頭を冷やしてこい」「お前は書道家の前に人間としてかけている部分がある」といわれ五島へ送られることになります。

引用元 https://www.vap.co.jp/barakamon/story/index.html

 

突然、都会の日常から田舎の日常に変わるわけですから生活が一変します。

そんな中 琴石 なる という子供と出会い、主人公の考え方が大きく変化していきます。

引用元 https://www.vap.co.jp/barakamon/story/index.html

 

常に基本に忠実で良い手本となり続けてきた 書道家 半田 清

常に何をするかわからない元気いっぱいの子供 琴石 なる

この二人の絡みが見ていて笑わされて、ときには考えさせられ驚かされる物語になっています。


オススメポイントは?

一言でいうと見ているだけで”元気”がもらえます。

「この自然いいなぁ」「人って温かいなぁ」「なんだろう、癒される…」

日常に疲れている人にこそ見てもらいたい作品です。

※もし気になったらオープニングだけでも見てください。

ばらかもん OP らしさ  と検索すれば出てきますので。

引用元 https://www.vap.co.jp/barakamon/story/index.html


・この作品の良くない点は?

全12話 1クールなため、ハマってしまった人はもっと見たいと感じるかもしれません(わたしがそうでした)


※見れるサイト紹介

dアニメストア

https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/tp_pc

ばらかもんに関する まとめ

すっごい真面目で不器用な主人公がとんでもない失敗したけど、”琴石 なる”や”島の人たち”と出会って、自分に足りなものや自分らしさ、大事なことを気づかせてくれる物語になっています。

最高に元気をもらえる作品になっているためご紹介しました。みなさんの時間が有意義で楽しめるものになってもらえたら幸いです。それではまた別の記事で!

NO IMAGE