【彼方のアストラ】9名の学生が宇宙の彼方から帰還するSFサバイバルストーリー

えすえいち
【彼方のアストラ】とは…こんなアニメです!
※宇宙への往来が当たり前になった近未来
※9名の少年少女たちが惑星キャンプへと旅立つが
※そこで予想外の事態に巻き込まれる
みゃんこ先生
どんな人にオススメなんじゃ?
えすえいち

SFや冒険、ミステリーが好きな方

伏線回収が好きな方

先が読めない展開が好きな方

こういった方にオススメですね!


記事の信頼性は?
この記事は、1日1クールアニメを見て、現在までアニメを600本完走し、アニメ記事を500本書いたアニメバカが執筆しています。

ジャンルとあらすじ

『彼方のアストラ』とは?

彼方のアストラ(かなたのアストラ、ASTRA LOST IN SPACE)は、篠原健太による日本の漫画作品、およびこれを原作としたテレビアニメ作品。
篠原にとって『スケットダンス』以来となる2作目の連載作品。ウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』(集英社)2016年5月9日から2017年12月30日まで連載された。毎週土曜日更新だったが、2016年8月6日更新分より、本編と4コマを交互に掲載する隔週連載の形になった。SFであると同時に、宇宙船という閉鎖空間の中に刺客がまぎれこんでいる「クローズド・サークル」というミステリー的な要素もあり、「前作と全く毛色の違う漫画を描こうと心に決めた」という作者の意向によって制作された
■ジャンル…SF/冒険/ミステリー
■ 年代…2019年7月-3月

■ 話数…全12話
■ 原作…篠原健太
■ 制作 / Lerche / 監督/安藤正臣
■ 公式…彼方のアストラ

引用元「彼方のアストラ」 – Wikipedia

【INTRODUCTION】

宇宙への往来が当たり前になった近未来で、


9名の少年少女たちが惑星キャンプへと旅立つ

宇宙旅行に胸を躍らせながら出発した彼らを待ち受ける、
予想外の事態とは……!?

「マンガ大賞2019」大賞を受賞!
『SKET DANCE』の篠原健太が描く大人気SFサバイバルストーリーが
待望のTVアニメ化決定!

引用元「彼方のアストラ」公式サイト

みゃんこ先生
ふむふむ。宇宙間で簡単に移動できる近未来での事件か…一体何が起こるというのじゃ…?

・登場人物の紹介

カナタ・ホシジマ 声 – 細谷佳正
抜群の運動能力とサバイバル能力を持つ。
山で遭難したことがあり、その経験から
トレーニングを続けている。
真っ直ぐで熱い男だが、空回りも多め。
将来の夢は宇宙探検家。

引用元「彼方のアストラ」公式サイト

アリエス・スプリング 声 – 水瀬いのり
一度見たものを完全に覚えられる映像記憶能力を持つ少女。
生まれつきのオッドアイ。
朗らかな天然娘で、何かと言い間違いが多い。
食べること、笑うこと、寝ることが大好き。

引用元「彼方のアストラ」公式サイト

ザック・ウォーカー 声 – 武内駿輔
宇宙科学を専攻するIQ200の天才。
宇宙船の操縦免許を持ち、機械類の知識も豊富。
冷静な判断で周囲を引っ張るが、
人間関係においては鈍感なところも。
キトリーとは幼馴染み。

引用元「彼方のアストラ」公式サイト

キトリー・ラファエリ 声 – 黒沢ともよ
医師を目指し、医学を学んでいるお嬢さま。
医療関係の知識に長けている。
気が強くワガママな性格のため、
なかなか周囲と打ち解けられない。
フニシアは義理の妹。

引用元「彼方のアストラ」公式サイト

フニシア・ラファエリ 声 – 木野日菜
キトリーの義妹で、実の姉のように慕っている。
「10歳の子どもを同行させる」という課題のために
惑星キャンプに参加。
キャラの声で気持ちを表すパペット
「ビーゴ」を持っている。

引用元「彼方のアストラ」公式サイト

ルカ・エスポジト 声 – 松田利冴
手先が器用でセンスも抜群の芸術家肌。
陽気で人懐っこく、誰とでもすぐに打ち解けられる。
一人称は「オイラ」で、語尾に「っす」と付ける独特の
喋り方が特徴。

引用元「彼方のアストラ」公式サイト

ウルガー・ツヴァイク 声 – 内山昂輝
メンバーとの馴れ合いを拒む無愛想な皮肉屋。
拳銃、弓矢など射撃全般を得意としている。
特徴はニットキャップと片目が隠れる長い前髪。
口癖は「うるさい黙れ」。

引用元「彼方のアストラ」公式サイト

ユンファ・ルー 声 – 早見沙織
黒髪と眼鏡が特徴の女子。
積極的に人前に出たり、自分を表に出したり
できないタイプ。
個性豊かなメンバーに劣等感を抱き、
目立たないように振る舞っている。

引用元「彼方のアストラ」公式サイト

シャルス・ラクロワ 声 – 島﨑信長
生物に関する知識が豊富で、惑星探査で力を発揮。
生き物への愛情が強すぎるあまり、
好奇心が高まると振る舞いが変態的になるという
残念なイケメンでもある。

引用元「彼方のアストラ」公式サイト


・何をする話なの?

宇宙で遭難してしまった9人の高校生たちが自分たちの力だけで自分たちの星に帰る物語

舞台は西暦2063年 宇宙への往来が当たり前になった近未来

ケアード高校の生徒たちが「大自然の中、生徒だけで5日間を過ごす」という惑星キャンプ(修学旅行の宇宙版)をしている最中に事件が発生

惑星に降りった9人の生徒たちの後方に突如謎の黒い球体が出現その球体に飲み込まれた先は5012光年離れた場所だった。そんなとてつもなく離れた場所にワープしてしまった9人。

元の星に帰るためにメンバー全員が協力しながら無事に帰還するSFと冒険とミステリーが複合された物語です。


・見どころポイント

その1気がつくとアストラ号の乗組員、全員が好きになる

滅茶苦茶キャラクター描写が丁寧に描かれています。

「なんでこいつこんなに元気なんだ?」「人付き合いが下手すぎる…」「皮肉ばかり言うな、こいつは…」など最初見た時は一癖も二癖もあるやつらばかりあまり好きにはなれません

ですが話が進むにつれ、「あぁだからこういう性格なのか…」と必ず納得する過去のエピソードが存在します

どのキャラにもしっかりスポットを当ててキャラクターの掘り下げを行ってくれます。ですので気が付くとアストラ号のメンバー全員が好きになっています

キャラクターの心情や性格などしっかり描かれているアニメです


その2ストーリー、作画、キャラ、背景、BGM、どれをとっても高いクオリティの作品。

話が進めば進むほど先が気になっていくストーリーです。(というか毎回ED入る前の引きがズルい。気になる終わり方しやがって…)

最初はただの修学旅行(学生たちだけの惑星旅行)がまさかここまでの大冒険になるとは…。正直、このストーリーだけで見たほうが良いと思える作品です。

所々に散りばめられたフラグまったく予想だにしなかった出来事しっかりと描写されたキャラクターの過去話にのめり込ませるBGMまったく崩れない作画と美麗な背景

そして12話でしっかり気持ちよく完結する。良い所しかないアニメです。

”全て”の完成度高いアニメです。誰にでもオススメできるアニメと言っていいかもしれません。


その3謎が分かっていくにつれ一気にストーリーに引き込まれる

どうやって自分たちの星に帰れるのか?なぜ?突然黒い球体が出現し、自分たちを飲み込んだのか?どうしてこんなに離れた場所にワープしてしまったのか?

物語が進むにつれ深まる謎自分たちの星に帰るのを阻む多くのトラブル閉鎖された空間での人間関係まったく先が読めない展開とファンタジー要素とミステリー要素が複合された作品です。

ミステリー系の作品が好きな方や伏線回収が好きな方、後半に一気に怒涛の展開を求めてる方にとってオススメしたい作品です。

みゃんこ先生
奈々生のがむしゃらで活発な行動につい笑わされてしまうのう(笑)

・個人的な注意点

毎回次回が気になる終わり方をする

毎回「嘘でしょ!?」って所で終わります。そのため1話だけ見ようと思っていたら連続で何話も見てしまう、かもしれない作品です(少なくても筆者はそうなっていました)。

例えるなら、海外ドラマなんかで多い、ED前で必ず気になる終わり方をする。あの演出をしてくる作品です。見る際は連続で見てもいい状況で見ることをオススメします


【彼方のアストラ】PV

公式 twitter

彼方のアストラのまとめ

9名の学生が宇宙の彼方から帰還するSFサバイバルストーリー【彼方のアストラ】の紹介と感想でした。

話が進むにつれ謎が深まり、どんどん重要な話になっていく作品でした。まさか遭難してからここまでのスケールの話になるとはまったくの予想外のアニメです。

閉鎖された宇宙空間で互いをほぼ知らない人間関係、なぜ突如遭難してしまったのか?という謎、常にハラハラとドキドキする先が読めない展開に一気に見てしまった作品でした。

しかも綺麗に12話で話が解決するため、見た後は「あぁぁぁ見た!!!」って気持ちになる非常にスッキリとしたアニメでした。素直に完成度が非常に高い作品だと思います。人にオススメしたくなる作品です

それでは今回の記事はここまで。また他の記事でお会いしましょう!ではまた!

おまけ Twitterに投稿したお絵描き(模写練習)

■各種リンク■

引用元「彼方のアストラ」公式サイト

引用元「彼方のアストラ」 – Wikipedia

NO IMAGE