【レベルE】地球には数百種類の異星人が行き交い生活している…。宇宙人を題材としたSFアニメ

えすえいち
【レベルE】とは…こんなアニメです!
※全宇宙規模の会議に参加するため移動中、誤って地球に飛来したバカ王子
※宇宙一の性格の悪さと天才的な頭脳を持つバカ王子が
※暇つぶしのためにあらゆる悪ふざけ行う。宇宙人を題材としたSFアニメ
みゃんこ先生
どんな人にオススメなんじゃ?
えすえいち

宇宙人が関与するオカルト系の話が見たい方

悪ふざけが多めのコメディが見たい方

色々な目線で楽しめるオムニバス形式の作品が見たい方

こういった方にオススメですね!


記事の信頼性は?
この記事は、1日1クールアニメを見て、現在までアニメを600本完走し、アニメ記事を500本書いたアニメバカが執筆しています。

ジャンルとあらすじ

『レベルE』とは?

レベルE』(レベルイー、LEVEL E)は、冨樫義博による漫画作品。

山形県を舞台にオカルト的な要素の強い、宇宙人を題材としたSF漫画。地球にやって来たドグラ星のバカ王子が暇つぶしに起こす悪ふざけを軸とした物語がオムニバス形式で展開される。

『週刊少年ジャンプ』誌上において1995年42号から1997年3・4合併号まで掲載。『幽☆遊☆白書』に続く、作者3作目となる連載作品。

「アシスタントを使わず一人で描いたらどうなるか」ということに挑戦した作品であるため、同誌としては異例の月1での連載となった。

■ジャンル…SF/少年漫画
■ 年代…2011年1月-4月

■ 話数…全13話
■ 原作…冨樫義博
■ 制作 / スタジオぴえろ david production/ 監督/加藤敏幸
■ 公式…レベルE

引用元「レベルE」 – Wikipedia

【STORY】

現在、地球には数百種類の異星人が行き交い生活している……。

友好的な種族、好戦的な種族、研究目的から犯罪まで、

多種多様な性格の異星人が奇妙なバランスを保ちつつ混在している……

そのことに気づいていないのは地球人だけなのだ

そして、また一人、地球にとんでもない男がやってきた

彼は宇宙一の天才的な頭脳の持ち主

しかし、性格に大きな問題があり、暇になると退屈しのぎにいつもトラブルを巻き起こす

高校球児・小学生・王女様……国籍・職業・年齢・性別・宇宙人

周囲の者すべてを巻き込んだ彼の計画とはいったい…?

『常に最悪のケースを想定しろ!やつは必ずその少し斜め上をいく!』

引用元「レベルE」公式サイト

えすえいち
先生!『レベルE』とはどんなアニメなんです?
みゃんこ先生
地球にやってきた宇宙人の王子(天才的頭脳の持ち主)がいろんな悪戯をして周囲を困らせる物語じゃのう

・登場人物の紹介

バカ王子(バカ=キ=エル・ドグラ) 声 – 浪川大輔
ドグラ星第1王子。

全宇宙規模の会議へと参加するための移動中に地球に飛来。宇宙一とも称される天才的な頭脳を持つが、同時にその性格の悪さも比類なきものであり、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが趣味で、「民衆の支持を下げずにいかに苦しめるか」といった意地悪にばかり能力を浪費している。

引用元「レベルE」公式サイト


・どんな話なの?

宇宙人って…実はもう地球に来ていて、しかも普通に暮らしているよ!ってお話。

あなたが普通に暮らしていると思っている日常は、宇宙人も混ざっている。地球人だけが認識していない。

もし当たり前の日常に非日常が混ざっていたら…という、オカルト好きにはたまらない、非常にSF要素が強い作品です。

宇宙人があたり前に存在している世界で、ある宇宙人の王子様が地球にやってきます。

その王子は非常に頭がキレ、暇つぶしに悪ふざけを起こす性格が最悪な人物

そんなバカ王子が起こす悪ふざけを軸とした物語が展開されていく物語です。

ようはオカルトやSFものなのですがギャグ要素も強い作品です。

物語は全部で8編に分かれており、1つ1つで物語が完結しているいわゆるオムニバス形式で物語が進行していくSFアニメ。

1話で終わるのもあれば2話で終わるのもあるため、非常に見やすいオカルトアニメです。

・個人的な注意点

ちょいグロ演出があるため苦手な方は苦手かも?

そんなにグロい要素はないですがちょっとキモイ(宇宙人)ものは登場します。(ただ1話2話ですぐ馴れるとは思います)

えすえいち
まぁ宇宙人が題材の作品ですので多少キモイキャラクターは登場しますよね…

・見どころポイント

色々な視点で描かれるオムニバス形式の作品

話の流れ的にはオムニバス形式なので主人公のバカ王子目線だけで物語が進行して行くわけではなく、色々な目線で物語が進んでいきます。

そのためバカ王子の話であればいたずら路線小学生シリーズの話であれば冒険路線、その他のモブ視点であればオカルト強めの路線、などなど色々な宇宙人にまつわるストーリーが楽しめます

オカルトが好き、宇宙人などが登場するSFものが好き、イタズラや悪ふざけのギャグが好き、意表を突かれるストーリーが好き、こういったものが好きな方にはオススメしたい作品です。

みゃんこ先生
色々な視点で物語が見れるのは面白いのう。ようは毎回主人公が変わってるようなものじゃからな

・個人的な感想

先を予測しずらい。「まさか…そう来るか!?」って思うシナリオに笑わされたり驚かされる作品。

非常に楽しませてもらった作品です。さすが冨樫先生と思わされたストーリーでした。(※冨樫義博…代表作『幽☆遊☆白書』『HUNTER×HUNTER』など)

ほんとこの人の作品は意表をついてきます。最高です。

冨樫先生の作品が好きな方は楽しめる内容です。逆に苦手な方は楽しめない内容です。冨樫義博という人物を知らないのであれば恐らく楽しめると思います。(根拠はないのですが)

個人的にはこういう先が読めないストーリーやギャグ、オカルト的な話、SF要素は大好きなので、がっつりハマった作品でした。

えすえいち
先が読めない展開とバカ王子がやるイタズラのスケールに笑わせてもらった作品でした(笑)
みゃんこ先生
頭を空っぽにして見られる作品じゃったのう

【レベルE】PV

レベルEのまとめ

バカ王子の天才的な頭脳と道具を使い周囲の人を巻き込むコメディ要素と、実は…宇宙人はもう地球に来ていて日常に溶け込んでいた…というオカルト要素を複合したSF作品【レベルE】の紹介と感想でした。

「宇宙人怖い…」と思わせる描写と「なんだこれ(笑)」と思わせる展開に恐怖と笑いを複合させてくる作品でした

ダーク寄りのSFものかつギャグものです。とても意表を突いてくる作品です。少し変わったコメディ作品を求めてる方にオススメです

それでは今回の記事はここまで。また他の記事でお会いしましょう!ではまた!

おまけ Twitterに投稿したお絵描き(模写練習)

■各種リンク■

引用元「レベルE」 – Wikipedia

NO IMAGE