【夏目友人帳】”妖たち”との”出会い”と”別れ”を繰り返す物語

えすえいち
【夏目友人帳】とは…こんなアニメです!
※妖怪の名前が記された【友人帳】
※これに記された妖怪たちは記した人物には逆らえない
※かつて祖母が妖怪から奪った名前を孫の夏目が妖怪たちに返していく物語
みゃんこ先生
どんな人にオススメなんじゃ?
えすえいち

1話で完結する見やすい作品が好みの方

人ならざるもの(妖怪や妖)が好きな方

マスコットのようなキャラクターに癒されたい方

こういった方にオススメですね!


記事の信頼性は?
この記事は、1日1クールアニメを見て、現在までアニメを600本完走し、アニメ記事を500本書いたアニメバカが執筆しています。

ジャンルとあらすじ

『夏目友人帳』とは?

『夏目友人帳』(なつめゆうじんちょう)は、緑川ゆきによる日本の漫画作品。略称は「夏友帳」。

2007年9月号から『LaLa』で連載中。初出は『LaLa DX』(白泉社)2003年7月号。同誌2005年1月号から読み切りのシリーズとして隔月連載され、一部作品は『LaLa』(白泉社)に掲載された。

2009年以降は、一つのストーリーが読み切りではなく、前後編や3話から4話に渡って描かれる傾向にある。

アニメシリーズは2008年から6作が放送され、2018年9月には劇場版が公開

■ジャンル…伝奇/学園/少女漫画
■ 年代…
第1期:2008年7月 – 9月
第2期:2009年1月 – 3月
第3期:2011年7月 – 9月
第4期:2012年1月 – 3月
第5期:2016年10月 – 12月
第6期:2017年4月 – 6月
■ 話数…
第1〜4期:全13話
OVA全2話
第5期:全11話 + 特別編1話
特別編OVA全2話
第6期:全11話
特別編OVA全2話
■ 原作…緑川ゆき
■ 制作 /ブレインズ・ベース(第1 – 4期)朱夏(第5・6期)
■ 監督/大森貴弘(第5・6期は総監督)出合小都美(第5・6期)
■ 公式…夏目友人帳

引用元「夏目友人帳」 – Wikipedia

【STORY】

妖(あやかし)を目に映すことができたため人間に疎まれた夏目レイコは、

その寂しさからか、妖たちに勝負を挑み、隷属させる証として名前を書かせたという。

その契約書の束「友人帳」を手にした孫の夏目貴志もまた、

レイコの力を受け継ぎ、人にあらざるものを見ることができた

そして、レイコと同じように、周囲から疎まれる存在でもあった。

しかし、唯一の血縁であるレイコの遺したものを大事に想い、

レイコが奪った名を妖たちに返すことを決める

そんな夏目の元にはいつしか様々な妖たちが集い始め・・・

妖を見ることができる少年・夏目貴志と、

招き猫の姿をした妖・ニャンコ先生とが繰り広げる

妖しく、切なく、懐かしい 感涙のあやかし譚。

引用元「夏目友人帳」公式サイト

みゃんこ先生
ふむふむ。かつて祖母が妖怪から奪った名前を孫の夏目が再び返していく物語じゃな

・登場人物の紹介

夏目 貴志(なつめ たかし) 声 – 神谷浩史 藤村歩(少年時代)
主人公。常人には見えない「妖」を見る能力を持っている少年。

強大な妖力を持っていたと言われる「夏目レイコ」の孫

多くの妖を従えることさえ可能にする友人帳を持ちながらも、貴志自身は基本的に友人帳を名を返す時以外で使うことを良しとしていない。

引用元「夏目友人帳」公式サイト

ニャンコ先生(ニャンコせんせい) / 斑(まだら)声 – 井上和彦

貴志の「自称」用心棒。

ニャンコ先生時の身長・体重はドッジボール2個分。好物は饅頭などの甘味、エビ、イカ、酒。

一人称は「私」。「招き猫」を依代に長い間封印されていたが、貴志が結界を切ったことにより解放された。貴志から「ニャンコ先生」、または「先生」と呼ばれる。

引用元「夏目友人帳」公式サイト

夏目 レイコ(なつめ レイコ) 声 – 小林沙苗

貴志の母方の祖母であり、故人。一人称は「私」。

「友人帳」の作成者。

妖たちにも評判となるほど美しい娘で、その名前は妖や現在の祓い屋達の間でも広く知れ渡っている。

引用元「夏目友人帳」公式サイト


・見どころポイント

1話完結型の物語で見やすい

どの話も1話で完結するためとても見やすい作品です。

正直、↓これを抑えておけばどの話からでも見ても大丈夫な作品です。

1 主人公・夏目貴志は幼い頃から妖怪が見える。

2 夏目貴志は、強大な妖力を持っていた夏目レイコの孫である。

3 夏目貴志は妖怪たちの名前が記された【友人帳】というものを持っている。(昔、夏目レイコが妖怪たちからぶんどった名前が記されている紙の束)

4 【友人帳】に記載された妖怪は術者に逆らえず使役される。(そのため夏目は妖怪たちに狙われる)

5 夏目貴志は友人帳に記された妖怪たちの名前を返すために日々奮闘している

6 ニャンコ先生という用心棒(ペット)がいる。(見た目が招き猫)

ようは【友人帳】に記された妖怪の名前を、元の持ち主に返していく物語です。

いま説明したところだけ押さえておけば、どの話から見ても楽しめます。

1話完結型の物語のためとても見やすい作品です。

「夏だし、ちょっと涼みたいなぁ…」「なんか夏にオススメのアニメないかなぁ?」という方にオススメしたい作品です。


夏目とニャンコ先生に癒される

夏目レイコの孫であり、【友人帳】を持っている夏目貴志

夏目レイコと因縁があり、【友人帳】を狙っているニャンコ先生

この二人の奇妙な関係に癒されて笑わせられます。

【夏目友人帳】という作品は絵柄はやさしく薄いタッチで見やすいですが、話はわりとしんみりする展開が多いです。

そのためこの二人のノリツッコミが笑わせてくれて、物語全体を明るくしてくれます。

日常パートでは、ニャンコ先生がボケて、毎回ツッコミさせられる夏目。

妖怪パートでは、トラブルに巻き込まれる夏目、それを助けるニャンコ先生。

なんだかんだ言ってチームワークが良い2人。

バディものや、相棒系、人と人ならざる者の関係が好きな方にはハマる内容となっています。

癒されたい方にオススメです。

みゃんこ先生
マスコットキャラで相棒のニャンコ先生が非常に可愛らしいのう(笑)

・個人的な注意点

刺激を求めてる方には少し物足りないかも…?

激しい展開やつらいストーリーなどはあまりなく、どちらかというと優しい物語が多めです。そのため刺激が強い作品を求めてる方には少し物足りないかもしれません。


・個人的な感想

見るなら夏がベスト!夏を感じさせる作品

もう夏の雰囲気が最高に良い作品です。

都会に住んでいる人が見ると「あぁぁ、田舎で夏を過ごしたい」って気持ちになります。

それもそのはず【夏目友人帳】の舞台は自然豊かな田舎町。

周りには山や森が数多くあり、土着神を祀った祠やいわれのある寺や神社が点在する。

初めに見た時の印象がまさに「夏の田舎っていいなぁ…」という感覚でした。

そもそも【夏目友人帳】という作品自体が妖怪に名前を返していくという物語のため、

夏=田舎=妖怪と、とてつもなく夏に相性がいい作品となっています。是非見るなら夏の暑い日にどうぞ!

夏の田舎の風景に癒され、妖怪を見て涼しみ、そしてしんみりする話に感動する。そういった物語となっています。

えすえいち
夏に無性に見たくなる作品ですね!

公式 twitter

夏目友人帳のまとめ

かつて祖母が妖怪から奪った名前を再び返していく”妖たち”との”出会い”と”別れ”を繰り返す物語【夏目友人帳】の紹介と感想でした。

夏の田舎でバリバリ妖怪が出てくる作品で夏にうってつけのアニメ。物語の雰囲気や少しヒヤッとする演出や妖怪の登場など夏に見たくなるアニメでした。

それでは今回の記事はここまで。また他の記事でお会いしましょう!ではまた!

おまけ Twitterに投稿したお絵描き(模写練習)

■各種リンク■

引用元「夏目友人帳」公式サイト

引用元「夏目友人帳」 – Wikipedia

NO IMAGE