「ゴブリンこわい…」と思わせるダーク・ファンタジー【ゴブリンスレイヤー】

画像引用 dアニメストア より

【初めに注意点です】
※4分ですべて読めます

※ダーク・ファンタジー×バトルアクション

残忍で狡猾なゴブリンを

復讐のため狩り続ける」

ハードなダークファンタジーを紹介します。

えすえいち


 

記事の信頼性

この筆記者は、アニメ歴15年 1人暮らしを始めてから親のしがらみから解放されてアニメオタクになった、根っからのアニメ好きが執筆しています

 

・ジャンルとあらすじ

ジャンル【ダーク・ファンタジー/バトルアクション】

「俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ」

辺境のギルドには、ゴブリン討伐だけで銀等級(序列三位)にまで上り詰めた稀有な存在がいるという……。

冒険者になって、はじめて組んだパーティがピンチとなった女神官。

それを助けた者こそ、ゴブリンスレイヤーと呼ばれる男だった。

彼は手段を選ばず、手間を惜しまずゴブリンだけを退治していく。

そんな彼に振り回される女神官、感謝する受付嬢、彼を待つ幼馴染の牛飼娘。

そんな、彼の噂を聞き、森人(エルフ)の少女が依頼に現れた――。

引用 TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト より

引用 TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト より

 

・登場人物の紹介

ゴブリンスレイヤー 声 – 梅原裕一郎
本作の主人公。仇名「小鬼(ゴブリン)を殺す者」の通り、最弱級モンスターとされるゴブリンのみを狩る赤い瞳の青年。

そして、その功績だけで銀等級の冒険者として認められた戦士。20歳

「ゴブリン殲滅」を行動原理としており、これに対し常軌を逸した執着を持つ。

引用 TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト より

 

女神官 声 – 小倉唯
ゴブリンスレイヤーと行動を共にする少女。物語開始当初は15歳

ゴブリンスレイヤーに助けられてからは彼のゴブリン退治に同行するようになる

やや臆病ながら健気で慈愛に満ちた少女であり、虜囚がどんなに汚されていても躊躇なく救護し、分け隔てなく死者の冥福を祈るなど、聖職者に相応しい性格の持ち主。

引用 TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト より

 

受付嬢 声 – 内田真礼
冒険者ギルドの窓口担当の女性。いつも笑顔で優しい。年齢は22歳

物語開始時点からのゴブリンスレイヤーの数少ない理解者であり、彼に好意を抱いている。

数は多いが、熟練者は参加せず、新人では失敗することも多いゴブリン退治を率先して引き受け完了させてくれるゴブリンスレイヤーに深く感謝している。

引用 TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト より

 

牛飼娘 声 – 井口裕香
牧場主の妹の一人娘(姪)で、ゴブリンスレイヤーの幼馴染。18歳

明るく元気な娘で、大柄な上に胸が大きく肉感的な身体を持ち、イヤーワンの時点では発育が良すぎることを気にしていた。

寝るときは下着を付けず全裸である。物語開始時点からのゴブリンスレイヤーの素顔を知っている数少ない理解者であり、彼に好意を抱いている。

引用 TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト より

 

妖精弓手 声 – 東山奈央
森人(エルフ)の中でも妖精に近いとされる「上の森人(ハイエルフ)」の野伏(レンジャー)。銀等級

エルフらしく、すらりと背が高く細身の麗人。見た目は17、18歳だが、上の森人ゆえの長命で実際は2000歳ほど

年齢に対して驚くほど子供っぽいふるまいが目立つが、等級相応に卓越した弓の腕前を持つ

引用 TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト より

 

鉱人道士 声 – 中村悠一
鉱人(ドワーフ)の精霊使い(シャーマン)。銀等級。妖精弓手や蜥蜴僧侶と行動を共にする。107歳

様々な触媒を使って、石礫を放つ呪文以外にも補助的な呪文を多く会得しており、また種族の肉体を活かして手斧で近接戦闘も行う。

ゴブリンスレイヤーの無骨な態度を気に入っており、初対面から彼を評価した珍しい人物

引用 TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト より

 

蜥蜴僧侶 声 – 杉田智和
蜥蜴人(リザードマン)の神官戦士。銀等級

見上げるような体躯に全身を覆う鱗が特徴の男性。見た目に反してとても常識人で丁寧な振る舞いであり、パーティのまとめ役

身体的特徴を使った近接戦闘の他、先祖である恐るべき竜の力を使って武器などを生み出し戦う。

引用 TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト より

 

・この作品の良くない点は?

ゴブリンが怖い…とても残虐に描かれている

かなりハードなダークファンタジー作品です。

通常のファンタジー作品よりエグイ描写が多いです。ゴブリンが人を襲う際の、血しぶき、死の描写、女性の凌辱。

1話からかなりエグイ展開が行われます。最初はかなり衝撃を受け、ゴブリン怖い…となります

※1話がもっとも過激なので、1話さえ見ることができれば全話見ることができます。

引用 TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト より

 

・見所は?(オススメポイントは?)

ハードなファンタジーを見たい方にオススメ

通常のファンタジー作品より血の描写がかなり生々しいです。

相手はゴブリンですが、斬られたときや切った時、刺したとき、そういった血の描写がより多い作品。

普通ならそこまで描写しなくてもいい部分を演出や表情で描写しているためより「うっ……」と感じるかもしれません。

なかなかにリアルでハードなダークファンタジーです。

普通のファンタジー作品に飽きた方。より刺激がを求めてる方。過激な描写が大丈夫な方。

そういった方にオススメする作品です。

引用 TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト より

 

ストイックすぎるゴブリンスレイヤー

最弱のゴブリン相手にそこまでするの?って最初は思っていましたが。。。

この世界のゴブリンはかなり脅威で、理性のない人間みたいです。

物は使う、だまし討ちする、集団で襲う、男性は虐殺され、女性は拉致監禁されて陵辱され、ゴブリンたちの繁殖のための苗床にされてしまう。

そんなゴブリンに家族も村もすべてを奪われた主人公・ゴブリンスレイヤー

ゴブリンを殺るためなら地形や建造物を破壊するような戦術も躊躇なく実行し、徹底的に容赦なく全滅させます

彼の復讐心がすべてのゴブリンを刈る存在として描かれた物語です。

ある意味恐ろしく仕事にストイックな人物です。武骨で寡黙な主人公が好きな方にオススメ

引用 TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト より

 

ハラハラ感がもの凄い作品

緊張感と絶望感と安心感が凄い作品。

このゴブリンスレイヤーという作品は、モブだろうがとても丁寧にかわいく描かれているため、より感情移入してしまいます。

そのため新キャラが出るたびに、「あ、この人大丈夫かな?」と身構えて見てしまいます(緊張をしてしまう)

そんなモブキャラがゴブリンに襲われると「ああぁぁ…やっぱり…」という気持ち(絶望)が湧いてきます。

そしてゴブリンスレイヤーが登場。ゴブリンどもをせん滅する。彼が来たときの安心感がすごい。

感情の起伏を上手く活用してくる作品です。

ハラハラドキドキを求めている方には強くおススメできる作品

引用 TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト より

 

・全何話?

「ゴブリンスレイヤー」全12話

2018年10月7日 – 12月30日に放送された作品

画像引用 dアニメストア より

「OVA:ゴブリンスレイヤー -GOBLIN’S CROWN-」60分

2020年2月1日 – (劇場上映)に放送された作品

画像引用 TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト より

 

 

※見れるサイト紹介(番組宣伝です(*・.・)ノ)

以下は動画を見るならオススメサイト!番宣です

Amazonプライム・ビデオで1か月無料

ABEMAプレミアムで1か月無料

ドコモ公式/dアニメストア 【初回31日間無料】

U-NEXTで1か月無料

ゴブリンスレイヤー まとめ

ゴブリンこわい…というアニメを紹介しました。

怖いという感情と共にゴブリンに対する怒りがこみあげてくる作品でもあります。

けっこうダークな内容のお話ですが、普段のファンタジーとは違った緊張感と安心感を得られる作品です。

ハラハラとドキドキが欲しい方には特にオススメです。

みなさんの時間が有意義で楽しめるものになってもらえたら幸いです。それではまた別の記事で!

NO IMAGE